家具選びと家具オーダーの7つのポイント

Point 4. ワンランク上のコーディネートをめざすには!

『揃える』ことはワンランクグレードアップするキーポイント。

コーディネーションで大事なのは、『揃える』こと。多くの人が色合いを揃えるのは、自然と行っていますが、ワンランク上のコーディネートをめざすなら、さらに素材の一部を家具間で揃えたり、脚など一部の形状を合わせたり。

家具の要素を1つ1つ分解して見ていくこと、そしてそこに何かの意図を持たせる。これこそワンランクグレードアップするキーポイントなのです。

既製の家具の場合、後でデザインテイストを合わせようとすると、すでに同じデザインテイストでの製作を中止していたり、モデル変更されているなど、なかなかうまくいかない場合もあります。オーダー家具の場合、お手持ちの家具に揃えてほしいご希望があれば、材質や塗装など色合いも含めてご相談の上、オーダーならではの良さをプラスしてご希望に添えることでしょう。

Point 5. あとで気づいては遅い、お部屋の下準備!

家具の仕様を決める際には、配置するお部屋を事前にチェックすることを忘れずに!構造面から見た仕様を考えるとき、『動きやすく使いやすい家具配置』という視点が必要です。そこを考えないと、使いにくい動線となってしまったり、その扉に人がぶつかったりなどと、過ごしづらいお部屋になりかねません。

部屋での動線を簡単にチャックするには、手書きでよいのでお部屋の間取り図を用意し、そこにご自身の動線を書いてみること。そして、実際に使っているシーンをイメージしてみましょう。

「入り口はこっちだから、ここの家具は引き戸がいいかな」とか、センターに置く家具は「背面もちゃんと仕上げてあるものじゃないとまずいな」とか、色々なことに気づくことでしょう。

Point 6. 家具と使う人のサイズは?

このページ先頭へ